貸切バスはルールを守って利用しよう

貸切バスは電車やバス、飛行機などと違って運転手さんやバスガイドさん以外は顔見知りの状態になります。その為、自分達だけで旅行をしっかりと楽しみたいという方に大人気の交通手段となっております。その為、隣に嫌な人もいませんし、旅行と言う事で楽しい気持ちでバスを利用する事ができます。

丁度、大広間に知り合いが沢山集まった状態で移動しているような気持ちになると思います。しかし、貸切りだからといってなんでもOKなわけではありません。運転手さんもいますしバスガイドさんがついているような場合には、仲間内だけではありませんのでルールやマナーをしっかりと押さえておく必要があります。

貸切バスを利用する場合に最も守らなければいけないのが時間です。もちろん貸切っておりますので他のお客さんに迷惑と言っても知り合いの方かも知れませんが、運転手さんは予定時刻通りに運転しております。ほんの10分遅れた場合でも、とっても長い渋滞に巻き込まれてしまう可能性だってあります。

また、マイクロバスなどの場合には細かい道を通過する事ができるのですが、駅前などには停車する事ができません。時間通りに揃わないと停車していられる時間が限界になってしまって迷惑をかけてしまう可能性もありますので、少し余裕をもって行動するようにしてください。

次に注意したいのがお酒です。貸切バスの醍醐味と言えば車内宴会です。気心知れたメンバーとの宴会は日頃のストレス解消に持ってこいですが、お酒が入ってしまうと正常な判断が出来なくなってしまいます。また、車内の揺れと相まって居酒屋でお酒を飲むよりも早く酔ってしまう傾向がありますのでハメを外しやすいのです。密閉された空間ではありますが、しっかりと節度を持って楽しむようにしてください。

お酒は他にも極度に酔ってしまって気持ち悪くなってしまう場合があります。前日に楽しみで睡眠時間が短いような場合には、どうしても気持ち悪くなりやすい傾向がありますので自分の体調に考慮してアルコールの量を少し抑え目に調整するようにしてください。また、バスは揺れますのでしっかりとお酒を持っていないと隣の方にこぼしてしまう恐れもありますので立ち振る舞いにも注意が必要になります。

原則、貸切バスの中で出たゴミは持ち帰るようになっております。その為、しっかりと分別できるように大きめのゴミ袋を用意しておく事が重要になります。特に車内で宴会される方やお弁当などを食べるような場合には、少し多目に持参するようにしてください。