貸切バスを利用する幹事さん

初めて貸切バスを利用されるのであれば、事前準備が必要になります。通常のバスとは違い利用目的によって搭乗時間や運転コースが大きく異なります。友だち同士のスキー旅行と結婚式で親族が移動するために利用するのとでは全く異なりますので目的に合わせた事前準備が必要になってきます。特に貸切バスを使って旅行する時の幹事さんになった場合にはしっかりとした準備が必要になります。

幹事さんが最初に確認したいのが貸切バスの料金です。バス会社によって料金が異なるのは当然ですが、使用するバスの種類によっても金額が大きく異なります。関東から日帰り区分で利用する場合には、最もリーズナブルな小型バスとマイクロバスがおおよそ6万円程度から10万円前後のバス会社が多くなっているのですが、大型バスの場合には、おおよそ15万円前後までの会社が多くなっています。

また、これ以外にも高速料金などの有料道路の料金も異なりますので料金の差はかなり大きな物になります。しかし、登場する人数が多ければ多い程、1人当たりの料金負担は少なくなりますので、大人数でしたら大型バスの方がコストパフォーマンスは高くなっております。

貸切バスを利用する場合には、利用料金にどんな物が含まれているのかをしっかりと確認しておく必要があります。高速道路や有料道路の料金は含まれていない事をご紹介しましたが、それ以外にも駐車場の料金であったり、乗務員の宿泊費、バスガイドなどの料金などは含まれておりませんので注意が必要になります。逆に利用料金に含まれているのが、運転手やガソリン代、保険代などです。細かい部分はバス会社によっても違ってきますので、事前にバス会社に確認をとるようにしてください。

他にも確認しておかなければいけない料金があります。それは、一般料金よりも料金が高くなるケースです。例えば走行距離が長距離になった場合には、一人の運転手だけでは賄えませんので交代のバス運転手を用意しなければいけません。そういった場合には、追加分のバスの運転手の料金が通常料金に追加されます。

また、深夜や早朝の時間帯になっている22時から翌朝5時の時間帯は追加料金が加算されるケースもあります。他にも一般的な貸切バスではなく、車いす用のリフトがついているような場合には、どうしても料金が高くなってしまいます。また、他にもトイレが付いていたり、その他の設備がゴージャスなプレミアム使用のバスなども一般的な料金よりも高価になってしまいます。